Encryptstick lite FAQ – discontinued

初めてアプリケーションを使用する
LexarフラッシュドライブをPCまたはMacに接続します。Lexar – EncryptStick Registrationページが表示されます。EncryptStickが自動的に起動します。起動しない場合はフラッシュドライブを参照して、encryptstick.exe (for PC) または encryptstick.app (for Mac)をダブルクリックしてください。
アップデート通知用のメールアドレスを入力します(任意)。
OKをクリックします。パスワード作成画面が表示されます。
「パスワードを作成」欄にパスワードを入力します。入力したパスワードはプライベートファイルを保護する為に使用されます。パスワードの強度は選択した条件によって決まります。
「パスワードの確認」欄に同じパスワードをもう一度入力します。「OK」をクリックできない場合は、赤で表示されている条件設定に準拠していないことを意味しています。強度基準に一致するようにパスワードを変更するか(推奨)、オプションをオフにする(非推奨)ことができます。
プログラムを操作する
上部枠の「Vault」アイコンをダブルクリックして、「Vault(保管庫)」を開き、フォルダとファイルを追加します。新しいフォルダを作成するメニューバーの新しいフォルダ(+)アイコンをクリックして、新しいフォルダに名前を付けます。

Vaultフォルダにファイルを追加する
– Vault(保管庫)内の適切なフォルダを開く
– メニューバーのファイル追加アイコンをクリックすると、ウィンドウがポップアップし、コンピューター上の全てのドライブとフォルダが表示されます。
– 暗号化したいファイルをクリックして、「Encrypt(暗号化)」ボタンをクリックして、ファイルをVaultフォルダに追加します。

Vaultをロックする
あなたのVault(保管庫)をロックするには、ロックアイコンをクリックしてください。これによりログイン画面に戻ります。プログラムに戻るにはパスワードの入力が必要になります。

EncryptStickプログラムを閉じる
プログラムを完全に終了するには「×」ボタンをクリックしてください。これでVault(保管庫)が自動的にロックされます。

ドライブの取り出し/取り外し
フラッシュドライブ上のデータの保全を確保するために、USBポートからドライブを取り外す前に、通常のWindowsまたはMacのコマンドを使用してドライブを取り出すか、マウント解除することを推奨します。

EncryptStick Liteアプリケーションを再起動する。
Lexarドライブを接続してください。ログイン画面でパスワードを入力して、Vaultのロックを解除しプログラムを実行して下さい。コンピューターへの侵入が懸念される場合は、セキュリティを強化するために、画面に表示されている仮想キーボードを使用してパスワードを入力できます。

Compare