カテゴリー: CompactFlash

よくある質問FAQs

CompactFlash


CF 6.0とは何ですか?

CF 6.0はCompactFlash®メモリカードの仕様です。CFメモリカードの仕様は最大144PBの容量と最大167MB/sの速度を可能にします。これは、最大137GBの容量と最大133MB/sの速度しか実行できなかった、以前のCF4.1仕様と比較することができます。


UDMA7とは何ですか?

UDMA 7はUltra Direct Mode Access 7の略で、UDMAインターフェースの最新の転送モードです。UDMA 7は最大167MB/sの最大転送速度を可能にします。これは、最大133MB/sの転送速度を可能としていたUDMAモードのUDMA 6と比較できます。


VPG-20/VPG-60とは何ですか?

VPG-20ロゴは、プロ品質のビデオでのVideo Performance Guarantee-20仕様への準拠を表しています。互換性のあるカメラで使用された場合、VPG-20ロゴは、システムでメモリーカードが検査されたことを意味し、最低20MB/sのプロ仕様のビデオ録画や再生が保証されています。これにより、ドロップしたフレームがない高フレームレートでプロ品質のビデオキャプチャが可能になります。 VPG-65ロゴは、プロ品質のビデオでのVideo Performance Guarantee-65仕様への準拠を表しています。 互換性のあるカメラで使用された場合、VPG-65ロゴは、システムでメモリーカードが検査されたことを意味し、最低65MB/sのプロ仕様のビデオ録画や再生が保証されています。これにより、ドロップしたフレームがない高フレームレートでプロ品質のビデオキャプチャが可能になります。


CF 6.0/UDMA 7 COMPACTFLASHメモリーカードを古いホストデバイスで使用できますか?

はい。すべてのLexar CFメモリカードはCF 6.0/UDMA 7テクノロジで構築されており、既存のCFおよびCF UDMAデバイス(下位互換)と一緒に使用できます。 CF 6.0/UDMA 7対応のCFメモリカードは、CF 6.0/UDMA 7対応のホストデバイスとペアリングすることで、CF 6.0/UDMA 7対応のメモリカードのパフォーマンス上の利点を最大限に活用することができます。


UDMA7対応のホストデバイスにはどのようの機種がありますか?

Canon EOS 1D-XはUDMA 7に対応しています。 Canon EOS 7D、EOS 50D、EOS 1D Mark IV、およびEOS 5D Mark IIは、ファームウェアをアップグレードしてUDMA 7に対応できます。 Canon EOS 7D firmware upgrade » Canon EOS 7D, EOS 50D, EOS 1D Mark IV and the EOS 5D Mark II firmware upgrade »


LEXARカードリーダーは、LEXAR PROFESSIONAL 1066X CFメモリーカードと互換性がありますか?

Lexar Professional USBデュアルスロットカードリーダーは、Lexar Professional 1066x CFカードと互換性があります。カードのパフォーマンスを最適化するには、Lexar Professional 1066x CFカードと、UDMA 7をサポートするLexar Professional USB 3.0デュアルスロットリーダーと組み合わせます。ファームウェアのダウンロードは、古いLexar Professional USB 3.0デュアルスロットの1066x CFカード機能に不可欠です。こちらからダウンロードできます。


LEXAR CFカードは、EXFATファイルシステムをサポートしますか?

Lexar CFカードは、FAT32ファイルシステムでフォーマットされて出荷されています。Lexarは最初に使用する前にカメラでカードを再フォーマットすることを推奨します。


LEXAR CF6.0/UDMA7 COMPACTFLASHカードを使用する利点は何ですか?

Lexar Professionalメモリカードは、デジタル写真のワークフローを高速化します。Lexar Professional CompactFlashカードは、プロフェッショナルレベルの高速パフォーマンスと信頼性を提供します。高品質の画像と1080p HDビデオをキャプチャして保存し、ファイルをより高速に転送してワークフローを最大化します。Lexar Professional CompactFlashカードを使用すると、高速パフォーマンスで時間を節約し、期限を守り、競合上の優位性を獲得できます。

Compare